オリジナルの染物Tシャツ作りが大好きな管理人が運営する、オリジナル染物Tシャツについてのサイトです!

染物オリジナルTシャツ

 

 柿渋染め

 柿渋染めとは??
   
柿渋は古くから庶民の生活の中で日常的に用いられました。防水・防腐・防虫効果
を持っていて、漁網、渋団扇、紙衣,和傘などあらゆる日用品に塗られていました。
柿を青柿のうちに採取し、粉砕・圧搾して得られる渋液を冷暗所で数年かけ熟成させる。
渋取をした時は黄緑色ですが、時間がたつにつれ茶色にかわり、その柿渋を
何回も塗り重ねると鮮やかな「柿渋茶」を発色します。
なんともいえない色合いが魅力的です。
そして太陽の光があたって発色し、その色合いを深めることから
「太陽染め」とも言われています。


 柿渋染めの用途
1.染色用型紙  
染色用型紙は柿渋を和紙に何回も何回も塗り重ねたものを彫刻刀で掘って作る。
染色の工程では型紙はのりが付いたり、水洗いしたりかなり使いますが
防水効果が優れているので問題ありません。
2.清澄剤  
日本酒の製造工程で柿渋を塗った袋が使用されていた。酒が機械で作られるように
なった現在でも柿渋は、タンパク質を固める効果を利用した清澄材として使われている。
3.一閑張り  
柿渋を和紙に塗布しその上に和紙を貼りと繰り返していくと一閑張り(いっかんばり)が
できます。これは、和紙のお皿の民芸品になります。
4.建具  
古来より柿渋は建具など木材に塗布して使われました。防虫・防腐効果が優れているので
現在も使用する業者が増えてきました。
5.健康  
柿渋は昔から脳卒中の民間療法として飲まれてきました。血圧降下や二日酔い
火傷やしもやけ打ち身に至るまで様々なものに効果があるそうです。
6.染色  
そしてもちろん衣服などの染料としても使用しています。染めるほどに色が強くなり
魅力も増します。



 柿渋染めTシャツの手順
1.布の一部をしばる  
柄の柿渋染のTシャツを作りたい時は輪ゴムなどで柄をつける場所をしばります。
こうする事によって、丸い柄が出来る。
2.柿渋液につける  
工房の方が用意してる柿渋液につけます。濃くしたければ何度かつける作業を
繰り返します。ここで工房での作業は終了。
3.水洗いをする  
ぬれたまま自宅へ持ち帰り、工房でも水洗いをするが、再度行います。

4.天日干し  
そして天日干しします。天日干しをする事で色の深みが増す。

 

 柿渋染めTシャツの魅力

柿渋染めは、なんともいえない深い色合いをしています。茶色のような黄色のような。
持っている服ともとてもあわせやすいと思います。そして防虫効果も特に優れていますので
長く柿渋染めのTシャツを楽しめることになります。

※染物ですので、最初のお洗濯は別々に分けて洗って下さい。



check

iMac 中古
http://iosys.co.jp/shop/event/imac/
オーディション写真 大阪
http://studiozero-photography.jp/

Last update:2015/5/29